またまた法改正のご案内です。

◆平成30年4月1日から

◆障害者の法定雇用率が変わります。
・民間企業 2.0% → 2.2%
・国・地方公共団体等 2.3% → 2.5%
・都道府県等の教委 2.2% → 2.4%

◆民間企業の場合でいうと
従業員45.5人以上の事業所で
・1人以上の障害者を雇用しなければ
なりません。

・毎年6月1日時点での障害者雇用状況を
ハローワークに報告しなければ
なりません。

・障害者雇用推進者を選定するよう
努めなければなりません。
(障害者雇用の促進と継続を図る担当者)

◆雇用率算定基礎の対象障害者に
精神障害者も含めることになります。
・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
・統合失調症、そううつ病、てんかんに
かかっている方

◆雇用率は、平成33年4月までの間で
更に0.1%ずつ引き上げられる予定です。
・民間企業は2.3%となり
・従業員43.5人以上の事業所で
・1人以上の障害者を雇用する義務です。

こんな講座も開催されます。

◆精神・発達障害者しごとサポーター
養成講座
・精神障害・発達障害のある方が
安定してはたらき続けていくためには
周囲の理解と応援が不可欠です。

・同じ職場で働く従業員の方も
精神障害・発達障害の方の特性や
はたらく上でのポイントなどを
知っておくことによって
相互理解・協働が促進します。

・精神障害・発達障害のある方のことを
学べるこの講座は
各都道府県労働局が開催します。
お問い合わせはお近くの労働局へ。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000170029.pdf

◆障害のある方を雇用していただく上では
助成金や税制優遇も各種ございます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/intro-joseikin.html

・助成金に関しては
手帳をお持ちでない統合失調症、
そううつ病・そう病・うつ病、
てんかんの方も対象になります。

◆相談できる専門機関も
多種ございます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/index.html

・障害者職業センターなどの支援は
上記の該当疾病に関わらず
障害によって職業生活に困難のある方も
対象になります。

障がいのある方も、ない方も
ご高齢の方も、若者も
女性も、男性も、LGBTの方も
みんながご自身の力を発揮して
お互いの立場を認め合い
理解し合い、受け入れ合って
はたらいていける社会って
きっと
生産性も高まるし
長く継続していける社会になると
思います。

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース)