メディアの力もあって
アロマが一般に広く知れ渡り
多くの方が精油を手に取ってくださる
ようになり、とても嬉しいです。

私の周りでも
以前は「うわっ!くさいっ!」
などと言っていた人が

ネットで、精油の有用性について
知ったらしく

そこから徐々にアロマに興味を持ち始め

今では精油を自分で買って
生活の中に取り入れるようになりました。

そんな姿を見ると、とても嬉しいのですが

精油の正しい使い方を知らないまま
使っている人もいるのではないか
と、ちょっと心配です。

まず、精油は
直接お肌につけてはいけません。

中にはそういう使い方をする製品も
あるようですが
普通の精油は、絶対、直塗りしません。

じゃあどうやって使うのかというと
希釈するのです。

100%純粋な精油は
植物から蒸留・精製して採り出しますが

植物の中に、精油はどのくらい
入っているのかというと
全体の1~3%です。

お花の、花びらの先から
根っこの先までを全体として
その中の1~3%しか存在していません。

赤い薔薇

それを人工的に採り出して
それだけを集めたのが、精油です。

めっちゃ、濃いわけです。

私達が、自然の恵みとして
この精油を生活に使う場合

自然界に存在している形に戻して
使うのが一番自然に近くて良いわけです。

つまり、1~3%に希釈して使うのですね。

で、何でもって希釈するかというと

●キャリアオイル
(ホホバオイル
スイートアーモンドオイル
グレープシードオイル
などなど…化粧用植物油)

●エタノール

●水
(精油は油状なので、実際は溶けません。
エタノールに溶かして水で割るとか
使う前によーく振るとかします)

などです。
お肌に塗りたい場合はキャリアオイル。
スプレーなどにしたければ
エタノール+水。
その他、作るものによって
お塩、グリセリン、重曹などに
1~3%混ぜて使うのです。

アロマオイル(精油)とキャリアオイルを
区別して認識してくださいね。

キャリアオイルの中に1~3%
アロマオイルを入れるのですよ。

ちなみに
1~3%って、どうやって量るのかというと

ドロッパー付き精油瓶から
垂らす1滴は、0.05mlです。

お肌の弱い方や、アロマ初心者は
1%で作ってください。
私も何でも1%で作ってますが
1%で充分です!

精油写真2

ホホバオイル50mlにだったら
1%=0.5ml=10滴です。

スプレー100mlボトルだったら
無水エタノール60mlに
精油20滴を溶かして、最後に
精製水40mlを入れて、よく振ります。

アロマグッズは
こうやって作るのですね~。

アロマを始めたばかりの皆様
おわかりいただけましたか?

この基本さえ押さえておけば
何にでも応用できますよ。

ぜひお気軽に
精油の香りを楽しむアロマライフを♪

アロマ Re-Birth(リバース)ゆうこでした。

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)